喜ぶ息子の写真

中学受験始めました

息子の中学受験を応援することを二人で話し合って、父と息子の二人三脚で合格を目指すことになりました。息子が父である私に求めているのは、分からないところを教えてもらいたいというものです。塾や学校で勉強していても、人見知りなため先生に聞けないというのです。分からないものをそのままにして次に進めない性分の息子は、その補完を私にできないかと要請してきました。教えることは得意なので、復習に付き合うことになったのです。中学受験まで一年が切っているので、息子が焦っているのは分かっています。ですが、焦って勉強しても足元をすくわれる可能性があるので、地道なこの勉強方法は息子にとってはあってるかもしれません。中学受験を思い出しながら私は教えていますが、私が予習しなければならないことも出てきています。私も必死に勉強する必要があると分かりました。中学受験までの期間は息子も頑張るし、私も頑張る期間になりそうです。二人三脚ですので、どちらかが弱音を吐いたら頑張ろうと言えるのがいい関係なのかもしれません。二人で過ごす時間が増えたのは確かですし、これからはもっと増えると思います。合格を掴むまでは二人で辛い時間を乗り越えていこうと必死になっていくでしょう。

中学受験するなら私立?公立?

出来の悪い私とは大違いな息子は、小学校に入る前から勉強に興味を持っており、幼稚園の頃から算数や国語ができる優秀な子供でした。小学校に入ってからは独習で勉強をしていたのですが、常にトップクラスの成績で小学校六年生になった今でもトップの成績を維持しています。もちろん学習塾などにも通わせているのですが、最近では中学受験に対する興味を息子から聞くようになりました。中学受験をするならなるべく学費の安い公立にしてもらいたいと思っていますが、息子が私立を希望するならそこに入れさせてあげたいとも考えています。息子が志望している中学校はどうやら私立の難関校のようで、父親の私としてできることはとにかく塾に通わせたり学費を払うことだけだと思っているので、中学受験の志望校についてはとやかくいうつもりはありません。そんな私の気持ちを察してくれているのか、息子は中学受験に向けての勉学に励んでくれており、模試の成績も良好で合格圏内の実力を持っているようです。もし息子が公立に行きたいと途中で進路変更をしてもそれを受け入れてあげる覚悟はできていますから、私立か公立かは絶対に私の口からアドバイスはせず息子自身に判断させています。

中学受験の一歩目でつまずく息子

私には中学受験を控えている小6の息子がいます。小さい頃から友達と遊ぶことが大好きで、友達を大切にする子供でした。そして、好奇心旺盛でなんでも興味を示す性格をしています。友達の一人が中学受験をすることを聞いて、刺激を受けたことがきっかけのようです。しかし、決意はしたものの、一向に勉強が進んでいないようでした。どうやらどこから手をつけていいかわからず、中学受験の一歩目でつまずいたのです。父親としてその様子を見かねて、「決して完璧を目指してはいけない」という話をしました。完璧を目指してしまうと、自分自身を苦しめてしまうからです。そして、がんじがらめになってしまって、行動できなくなる恐れがあるのです。そのため、まずはすぐにできる簡単なことを一生懸命取り組むことを頑張るようにと伝えました。続けることによって達成感が生まれて、どんどん勉強することが楽しくなるのです。中学受験に向けて前向きに努力できるようになり、モチベーションをアップさせることにつながります。続けていくうちに驚くべき実力をつけることができます。できることに焦点を絞り、ひたすら集中することがポイントなのではないでしょうか。息子には後悔がないよう、頑張ってもらいたいです。

先行きが不安な中学受験

息子は小学校1年生の時に天文学に興味を持ち始め、学者になるという夢を持っています。将来の目標を達成するために中学受験に挑戦することを3年生の時に決心し、僕達夫婦も全面的にバックアップしていました。順調に中学受験の準備を進めていると思っていましたが、小学校6年生の夏頃から自宅での勉強に集中できなくなりました。一生懸命に頑張っている様子に僕らが安堵して少しでも目を離すと、遊びに出掛けることが少なくありません。学校や塾でも授業を脱走しているのではないかと不安になって先生に尋ねると、「いつも非常に熱心に授業に取り組んでいる」という返答がありました。ある日、なぜ自宅での自主学習に真剣に取り組めないのかと聞いてみました。すると、息子は大きな声を出してテーブルをひっくり返し、自分の部屋に閉じこもってしまいました。この事件を契機に息子がもがき苦しんでいる最中なのだと気付き、僕達夫婦は暖かく見守るようにしています。「中学受験対策の勉強をしなさい」と声を掛けて勉強する様子を監視することはやめました。自宅から脱走する機会が格段に減って一安心しているものの、勉強の遅れを中学受験までに取り戻せるのだろうかと不安を抱いています。

なんとかスタートした中学受験

私の息子は、小学6年生に入ってやっと中学受験の勉強をスタートさせました。中学受験を目指す他の子どもたちは小学3年生や4年生から進学塾に入って受験勉強を始めることが多いそうです。私は、以前から息子に中学受験をして良い環境で学生時代を過ごしてもらいたいと思っていました。しかし、父親である私の意見を押し付けたくはなかったので、本人が言い出すのを待っていたのですが、なかなか決断できなかったようで、もう息子は中学受験をしないものと諦めていました。そんな時、友達の影響で中学受験をしたいと本人から言い出したのです。それが、小学校6年生になったばかりの春でした。
さっそく進学塾に相談に行きました。遅すぎると断られるのではないかと内心不安でしたが、受験に遅すぎることはない、本人のやる気と頑張りがあれば今からでも伸びる。という先生の言葉に安心させられました。入塾にはテストを受ける必要があると知り、慌てて親子二人対策に取り掛かりました。入塾テストまでに日にちがなく、右往左往するばかりでしたが、息子はなんとか無事にテストに合格し、受験勉強をスタートさせることになりました。今から志望校に合格するためには、遅れを取り戻すために絶えまぬ努力が必要です。家族みんなで、息子の受験を応援していきたいと思っています。
参考サイト