塾は個別?集団?

長男が本格的に中学受験することを決めたのは、小学校4年生にの秋でした。最初に塾を選ばなくてはいけないということで、個別指導の所にするのか集団指導の所にするのかを非常に大きな選択として悩んだことを覚えています。いくつかの塾を見学に行った後に感じたことは、学校と塾の違いです。当たり前なのかもしれませんが塾は勉強をする場所であり、他人との交流を深める場所ではないという事実でした。父親である私自身が学生のころとは違い、今の学習塾はひたすら中学受験に焦点を合わせて学力とテクニックを磨いていく場所となっています。親としては何となく集団生活でしか学べないことがあるからと徹底した個別指導に対しての偏見を持っていたのですが、周囲に遠慮しがちな面を持つ息子の性格から判断すると一人ひとりに目が行き届く個別指導の方が向いているのでは?という助言をしてくれた今通っている塾にお願いすることを決めたのです。
現在6年生になった長男は、学校では友達との付き合いを楽しみ塾では受験に向けて日々勉強に励んでいます。幸い今の塾の指導方法が合っているようで、ついこの間に受けた模試の成績では良い判定の結果が出たのでほっとしているところです。しかしこれからが本番ということで、親子ともども気を引き締めていこうと心に誓っています。