家庭教師をつけるべきなのだろうか…

息子と一緒に中学受験を頑張ろうと話をしてずっと勉強をしてきました。私も必死に勉強をして息子に中学受験勉強の指導をする立場として努力してきましたが、あまり効果が上がらずにまだまだ学力を伸ばさなければならない状況で息子も小学6年生になってしまったのです。受験テクニックも重要なので塾にも通わせていましたが、それでも足りない部分は家で勉強させなければなりません。自分で力が足りないのであればやはり家庭教師をつけるべきなのだろうかと悩むようになりました。このままでは志望校に合格するのは難しいかもしれないという懸念があったからです。ただ、家庭教師を付けることを息子に話してみる前に夫婦で相談したところ、やめておいた方が良いのではないかと妻に説得されました。息子が頑張れているのは親子で中学受験に臨んでいるという形ができあがっているからで、家庭教師を付けてしまうと私とのつながりが疎遠になってしまってやる気がなくなるかもしれないという懸念があるとわかったのです。ならば自分が勉強してもっと息子のために頑張らなければならないと思い、家庭教師は本当に必要になったときに頼めば良いという気持ちで自分が努力をする決断ができました。